主婦のカードローン審査について

一時期の間、主婦の方のカードローンの審査の申し込みは減少している傾向にありましたが、近年では徐々に申込数が多くなっているのが現状です。

一時期、主婦の方の審査申し込みが減っていた理由としては、「総量規制の改正」が関係していると思われます。

改正前の法律では、本人に収入がなくても配偶者や親が収入を得ているというようなケースではカードローンを利用することが出来たのですが、2010年に総量規制が改正されてからは「本人に収入がある場合」に限られていますので、専業主婦を初めとする本人は家事に専念しているために収入がないという方の申し込みが無くなったためとされています。

しかし、近年では女性の社会進出が推奨されているということもあり、また不況の煽りを受けて共働きでないと家計のやりくりが出来ないという家庭が増えてきたために、多くの女性がキャッシング会社でカードローンの申し込みをすることが可能になってきました。

そのため、近年では自分で収入を得ている兼業主婦の方を中心としてカードローンの申し込み数が多くなっているということになります。

また、キャッシング会社でない場合に、銀行系のカードローンの場合は本人に収入がない場合でも申し込みが可能なケースが存在します。 これは、「銀行からの借り入れに関しては総量規制の対象外である」ということがポイントになっています。

ただし、配偶者や家族など収入を得ている人が居ない場合は利用することが出来ないので注意して下さい。